9回目のありがとう

毎年同じことを言ってる。
あの壇上に立ち、あの光景を見、いつもの感情に包まれる。

――ありがとう――。

なんて陳腐な言葉。
けど、それ以外の言葉を私は持っていない。

思えば、私は何も持たずに東京に来た。
SMも緊縛も大した経歴も実績もない。
水商売もそうだ。
蒼月さんのように計算が得意な訳でも、人心掌握に長けている訳でもカリスマ性がある訳でもない。
ましてや、狡猾な戦略や地道な努力なんかも得意ではない。

それでも、何が何でもやるしかない。

何も持っていない私は一人で何とかしようと頑張った。

中々出ない結果。
紆余曲折。
トライ&エラー。
本当に繰り返し挑戦出来ていたのか?

ある時ふいに気付いた。

そうだ。
私は何も持っていないんだった。

そこからやっと、少しずつスタッフに頼り始めた。
私が持っていないもので彼女たちが持っている物は少なくない。

少し気になることがあった時、注意したり指示を出したりする前に少し様子を見てみよう。
ひょっとすると、その行動には私が気付かない理由があるのかもしれない。
また、今は出来ていなくても、来週には出来ているかもしれない。
黙ってても出来ることなら、無理に今注意してモチベーションを下げることはないんじゃないか?
いやいや。お客様とは一期一会。取り返しが着かなくなる前に解決しておかなきゃいけないんじゃないか?

答えはケースバイケース。
どちらが正しいかは、時間が経たないと分からない場合もある。
少なくとも、私よりはひなの方が見えていることも多々ある。

そこで、なるべくスタッフ一人一人に注意していくよりは、なるべく、ひなとだけ時々話すようにした。
「今日の彼女のアレはどうなん?」
「いえ、アレはこういう意味があって、あの場合はアレで良かったと思います」

なるほど。

もちろん、慣れてきたスタッフには、やはり私が直接言うことも多々あるし、ひなに任せていたって間違うこともある。

けど、それを許してきてくれたのは多くのお客様。

私の未熟さに失望されたこともあったでしょう。
気分を害されたこともあったでしょう。
それでアルカ東京を嫌になって来なくなってしまったお客様もきっといらっしゃると思いますし、それに関しては「申し訳ありません」という気持ちしかありません。
が、逆に、それでも温かく見守ってくださったお客様方のお陰で、私たちは9年という長い年月を乗り越えてくることが出来たのです。

そこで。
最近、海外や地方の出張が多くなったのを機に、今年の周年は何も準備をしないことに決めました。

スタッフにも何も言わず、黙って推移を見守ることにしました。

チケット及びフライヤーの制作に始まって、ネット予約や畳の手配から各店舗へのご挨拶状、果てはボランティアのお客様方の手配まで。
時折、いや、最後の方は毎日のように前売り券の売上状況だけを確認して、それでも何も言わずに見守ってきました。

あと1月。
あと半年。
あと10日。
1週間。
3日。

その度に黙っていてもひなの方から報告が上がってきます。
「去年はこの時期○○枚でしたが、今年は既に○○枚売れています。まだ少ないですが、このペースなら大丈夫だと思います」

怖いです。
自分が何もしないということは想像していた以上に怖いことでした。

けど、スタッフは自分たちでお客様方のご協力も得、確実にパーティーを成功へと導いていってくれました。

8月5日。
総勢350名近いご来場数というのは、アルカディア東京始まって以来の集客数。

陳腐な言葉です。
けど、それ以外の言葉を私は持っていません。

ありがとう。

本当に心から
ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は9年経った今でも、何も持たない未熟な人間です。
これからも、数々の失敗を重ねていくことでしょう。

けれど、今年で確信しました。
このスタッフ達と、ウチの温かいお客様方がいれば大丈夫。
毎年次の周年など考えることも出来ませんでしたが、今回は違います。

来年8月4日(日)は、きっと素晴らしい10周年をお見せすることが出来るでしょう。

そして、どうかこれからも、10年目を迎えるアルカディア東京を何卒よろしくお願い致します。

2018年8月5日
ARCADIA TOKYO
堂山鉄心

8回目のありがとう!

 

8年前のこの日。
ARCADIA東京はオープンした。

「オープン1分前です! みんなの最高の笑顔でお客様をお迎えしましょう!」

久遠響子がいた。
ひながいた。
今は別の道についてるけど、数々の素敵なスタッフがいた。

そしてもちろん、みなの先陣をきって、先頭には蒼月流がいた。

大丈夫。
このメンツならきっと大丈夫。

いくら自分に言い聞かせても不安は拭い去れない。

この暑い中、お客さんは来てくれるんやろか?
ベタベタの大阪弁しか喋られへん俺が、こんなとこで通用するんやろか?
料金設定は?
ドリンクの品揃えは?
「石に齧り付いても1周年まではやろな」
蒼月さんと誓い合って交わした硬い握手。

あれから8年――。

今書いていても涙腺が緩んでくる。

何度も苦しい局面はあった。
アルカさんはいつも賑わってて・・・と言って貰えることも多いが、ひなが居なかったら、きっとここまで持ってなかった。

もちろんひなだけじゃない。
蘭太は何故か女子じゃなくておっさんに大人気だし、まどかは人の話を徹底的に聞いてあげることに関してはその辺の坊主どころじゃない(坊主だけど)。
まなはカウンターから常に店全体を見回し、人や飲み物や灰皿など、どこに何が足りないのかをちゃんと把握してるし、雅姫の成長率は群を抜いている。きっと、将来すげー女王様になるよ。
あんなは生まれ持った可愛らしさとTwitterなどの使い方は一番だし、百合嶺は週一というハンデを乗り越えてお客さん達の心を確実に掴んでいってくれている。
そこに、新たな仲間が加わった。
MIKUMO。
周年での堂々とした挨拶を見て確信した。
この人も大丈夫。
そして歴代のスタッフたち。
きっと誰一人欠けても今のアルカはなかったんだと思う。

けど、何と言ってもアルカの主役はお客さん。
「ここは静かな店ですね」
「ここは賑やかな店ですね」

同じ店でもその日のお客さんで全く雰囲気が変わってしまうのが飲み屋。
今のアルカ東京を楽しいと思って貰えるのならば、それを作ってくれてるのは間違いなくお客さんたち。

「アットホームで良いね」
「凄く楽しかった」
褒め言葉をいただくたびに、私たちは貴方方に感謝をしてるのです。

話を周年に戻すと、朝早くからボランティアで手伝ってくれた人が何人いたか知ってますか?
みんなで服装をお揃いの白に統一しようと盛り上げてくれたのも、縛心会やスパンキングブースを作ろうと頑張ってくれたのも全てお客さん。

もちろんそれだけじゃなく、会場を埋め尽くしてくださった300人を優に超える人々。
2次会にきてくれた100人超の皆さん。
素晴らしいパフォーマンスや楽しいブースをご提供くださったゲストの方々。
毎年訳の分からないイベントに笑顔で箱をご提供くださるキリストンカフェの方々や、裏方で頑張ってくださったDJの今井さん、一人で走りまくってたポチに関しても、言葉に出来ないくらいに感謝の気持ちで一杯です。

たまにはメシくらい奢らせろ。
ぽち。
最後になったけど、蒼月さんはじめ、大阪店、ティッティーツイスターの皆さんにも感謝の気持ちを述べると共に、辞めてまで現スタッフ以上にアルカ東京を愛し続けてくれているSUMIREという素敵な女性に心からの“ありがとう”を捧げ、この日記をしめたいと思います。
けど、やっぱり最後の最後はこれ。
今日まで私に出会ってくれた全ての人に。
ありがとう!
俺、最高に幸せだよ!

店内花見

すっかり暖かくなってきたので、ボンバーからライダースに変えた途端寒の戻りで寒くなられて世の無情を感じている堂山鉄心です。こんばんは。

今日は店内花見。
店内に桜を飾って、それを見ながら雅やかにSMをしようと企んでいる日。

もちろん、お花見らしく、花を愛でながらお酒を楽しまれるのもOK。

そんな中、SMは大好きなんだけど、少し体を痛めちゃって縄が受けられないという女性が来られてたので、ちょっと遊ぶ流れに。
この方、前回来られた時、「縛られなくてもちゃんとSMって出来るんですね!」とか言って帰られたイマドキの女性。
縄ブームはありがたいんですが、私たちからすれば、縄に限らず道具や言葉、存在感などで拘束して責めるのがSMの原点。
縄が出来なくても何の支障もないんですが、最近の縄ブームから入ったきた方からすればとっても新鮮に映ったらしい人。

で、今日はというと、いきなり縄を出してきて、縛られるのかと身構えたその女性の顔面をグルグル巻きに。
好きなんですよねー。
顔面縛り。
で、手をチャチャっと拘束してあっちこっちをスパンキングからボディーブローへ。
そのウチ楽しくなってきちゃったのでストッキングを脱がせて大股開き。
「トイレに行ってくるからこのまま待っておきなさいね」と命令して席を立つ。
戻ってきたら少し閉じかけてたのでお約束のお仕置き。

あれ?
どこ行った?
雅やか。

って感じで、ハシタナイ声が響き渡る中、夜は更けていくのでした。

本日の出勤
ひな
まどか
まな
雅姫
蘭太。

明日は花見&日本酒の会だよ。

お楽しみに!

うぇーいとあはーん~日本酒の会~

わしが生きてきたこの半世紀はな・・・とか言い始めてからそろそろ1年。
もうすぐ半世紀+1歳になろうとしている堂山鉄心です。こんばんは。

今日は日本酒の会。
毎月ランダムに選んで、県別の会にしているんですが、今月は山形。

普段は飲み屋のクセして泥酔禁止のアルカ東京ですが、この日は私が出勤してきた時には、すでに半数くらいがご機嫌さん状態。
見れば、ウチで用意させていただいたもの以外にもお客さんからの差し入れがチラホラ。
いつもすみませんw

が!
しかし!

そんな中でもご機嫌さん組を横目にちゃんとSMしている人はしていて、店内は「うぇーい!」と「あはーん」が混じり合って、その様子はまるで、ハンバーグの上に上品な和菓子を丁寧に乗せた感じを想像して貰えれば多少は伝わるかと。って状態。

私はうぇーい組には入れないので、今日初めて来てくれたM女さんをあはーんしているうちに夜は更けていくのでした。
来月は4月1日(土)
店内花見と同時開催で秋田だよ。っと。

本日の出勤
ひな
まどか
まな
雅姫
蘭太

春うらら

寒い日が続き、やっと春らしい陽気に戻ってきた気がする今日この頃。
みなさん如何お過ごしでしょうか?

春の訪れと共に元気になっていく春男の堂山鉄心です(←つまり寒がり)

今日も出勤したら既に可愛いM女さんがひなさんに縛られてはんはんしてるわ、次のイベントで着る衣装をお試しで着てるM女さんはあられもない格好でうろついてるわ、うら若き女流エロ漫画家さんはご自身が中高生時代に書いたという冊子を置いていってくれるわ、私に踏まれて逃げまどってるM女さんはいるわで、店内見事なまでの女子祭り。

そんな中で、厳か(?)に、3月生まれの変態さんたちのバースデーをお祝いしていました。

後半はS男さんやM男さんも混じり、今日も良い感じで更けていく中、堂山鉄心は新しい武器を手に入れましたw

強力スパンキングパドル!

打たれてみたいお尻、絶賛大募集!

ひな
まな
雅姫
蘭太